読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xxx

おもにうたプリのイベントのレポ・感想等をかきます。たまに中の人の話や他ジャンルも。

マジLOVEレジェンドスター 第1話プレミア上映会(25日)参加レポート

表題のとおり、参加してきました。やっとです、やっと!!やっと当たりました……3度目の正直ありがとう!!;_;
2期の時も3期の時もハンカチを噛み締めてレポを待つ身でしたが、今回は幸運にも参加できたので、ざっとイベントの様子を書かせて頂きます。

今回の上映会は、ST☆RISHの新曲を全額内金にて予約した方…からの応募抽選だったんですけど、倍率はどうだったんだろう…。
自分はどの日に当たっても嬉しいし行きたいな、と思ったので全日程応募したんですがまさかの25日~~!!ありがとうございます!
初日になんやかんやあったみたいですが…今後に期待しています、頑張ってください!それでは下記、25日参加のいち個人のレポートです。

※キャストさんが話された内容については、自分なりにまとめた言葉なので勿論一言一句合っているわけではありません。ご容赦ください。
※途中で注意書きを入れますが、1話の内容のネタバレを含みます。ご注意ください。

 

☆マジLOVEレジェンドスター 第1話プレミア上映会

場 所:TOHOシネマズ スカラ座
日時:2016年9月22日(木・祝)、24(土)、25(日) 開場19:00/開演19:30
出演者:
22日(木・祝) 宮野真守諏訪部順一鈴木達央、高橋英則、木村良平
24日(土) 谷山紀章、下野 紘、森久保祥太郎蒼井翔太、緑川 光、内田雄馬
25日(日) 寺島拓篤鳥海浩輔前野智昭、代永 翼、山下大輝

 
☆25日参加レポート

f:id:xxxrose1027:20160930232320j:plain
会場入った瞬間にもうちょっと泣いた

座席はやや前方の上手側でした。

司会の方からイベントについての諸注意と、放映予定だった『テンペスト』のOPについては、現在でもスタッフがギリギリまで良いものに仕上げようと制作している最中ということで…流れませんでした!(お疲れ様です…)

寺島さんから順に一人一人入場。各キャスト挨拶。(一十木音也役、寺島拓篤です~などの)

前野さんは、紳士淑女の皆さま、カミュでございます~からの、いつもの「などと言うと思ったかこの愚民があ!」「キャー!」愚民と言われて喜ぶでないこの愚民があ!」「キャアア~~!!」「…これがやりたかったわけではない。……カミュの声帯を任されております、前野智昭です。」
まえぬほんとうにいつもありがとう…;;;

▼4期について
寺島「まず、4期まで続けさせてくれてありがとう。すべて応援してくださった皆様のおかげです。4期まで続く作品はそうそう無くて、それこそキッズ向けとかなら分かるけどこういう…トレンド?をかっさらっていくような作品で4期はほんとうにすごい!」

鳥海「まずアニメ化するって時点で驚いたよね。ゲームが発売されて間もない頃の乙女ゲームの…100人規模ぐらいのイベントで、うたプリのゲームをやったことあるかって会場に聞いたらほとんどいなかった。段々浸透していきアニメになって、瞬く間に2期3期4期。ライブもあって、ここまでものすごいスピードできてしまった。6年?もう6年かあ……感慨深いです」
ここ鳥海さんの表情がホントに…(;_;)

前野さんの挨拶の前に、司会の方から今日はカルテットナイトからはお一人ですね~の話の流れで。

司会「昨日は森久保さん蒼井さんがベタベタしていました」
前野「あっやっぱりベタベタしてました?(笑)」
司会「お互いのこと好きだ〜とか言ってました(笑)」
な、仲いいな!24日のレポも読ませて貰いましたが、蒼井くんはマジでプリサーの姫かよ!!

前野カミュが最初に登場した時、セシルを虐めているし(笑)俺嫌われるんじゃないかなー!って思っていた。それから、カミュやカルナイのバックボーンが少しずつ分かっていって…。僕の生活をカミュが変えてくれました。僕自身もメガネからコンタクトにしたし、他のアーティストさんのライブなどの演出も見方が変わったし」
寺島「砂糖いっぱいいれてる?笑」
前野「身体のこともあるのであまり入れてない笑」
鳥海「上白糖ならいいんじゃない? 愚民を口癖にしないでね(笑)」
前野「誤解されちゃうから!(笑)していないです」

(ここからHE★VENSキャストのお二人の話へ。代永さんは2期の時の話。)

代永「最初に緑川さん、小野さんの3人で仲間入りをしたんですけど、3人で連絡を取り合ってHE★VENSこれからよろしくお願いしますーって挨拶をし合いました。ナギに決まった時、ドキドキと不安と大丈夫かな、と嬉しい気持ちが入り交じっていました。頑張りましょう、って3人でそれから7人になって」

山下「シオンのオーディションを受けた後、口止めをされていたので決まってもまわりに言えなかったんです…。でも現場でまわりのみんなが、オーディションどうなったの?どうなったの?って聞いてきて困りました(笑)僕は隠すのに必死でした…」
前野「でも結構態度に出てたよ?」
山下「だってみんな聞いてくるから〜!」
この時山下くん立ち上がってかわいかったw

山下「シオンのオーディションは最初絵が無い状態でやりました。絵が有る無いだとイメージがだいぶ違うと思うんですけど……」
寺島「えっ、絵が無い状態で『われは〜』ってやったの!?笑 すごいね!よくあのキャラにたどり着いたね!!」
山下「僕は真面目にやってるのにみんな笑うんですよ…!笑」
寺島「キャラが立ってるんだよ!」
山下「でもうたプリのひとたち本当にみんないい人たちで…」
寺島「ありがとう笑」
前野「お前いい奴だなあ」

-ここから第一話の内容を踏まえての話になります-

山下「だってうたプリすごくないですか!?1話なんて…タクシーバーン!トラックドーン!!!空から飛行機がダーン!!!どうすればいいんだ!?すごい!って思いました!!」
寺島うたプリは滝に打たれに行ったりするからね
鳥海CDをデッキに入れるだけで大けがだから
寺島「お兄ちゃん転んだんだぞ!」
山下「いやほんとうたプリすごいです…うたプリだけの世界観ですよね」
代永「ST☆RISHの絆や、友情羨ましいです」

?「ドラゴンがみんなを燃やしてしまって…審査員も燃やしてしまって…(笑)うたプリの世界観ってうたプリでしか味わえないって思います…ハッピーパルス…」
寺島「レジェンドスターは最初、レボリューションの振り返りをするんですけど、すでに懐かしい!俺ヘブンズの『エンジェール!』のところの振りすごく好き!なめらか!」
代永「いつかライブとかでやるかも」
寺島「やって~~~!!」
ここみんなでエンジェール♪の振りを再現!

寺島「僕個人的には、友千香の目線がすごく自分とだぶるなって1話を見て思ったんです。ゲームの七海は、みなさんの分身っていうか。自分としてプレイしている人が多いと思うんですけど、アニメの七海はまた別人というか…すごくキャラが立っているじゃないですか。だから友千香の目線が一番近いなって。ST☆RISHのことを応援したいっていう、主人公の親友ポジション。そういうのがいいなって」
わ゛か゛~~~~るよぉ゛~~~~~~~~~~~~~~~(;;)

あと七海アピール大会!今回歌いながらだったんで本当にすごい!笑 シオンの「ナナミ…」って言い方が好き、っていう流れから→
山下「ナナミ…」
寺島「本物だ~~~!!!!」
司会「本物ですね~いやーそれにしても宮野さんと谷山さんがずっと物真似してたんですけど全然似てないですね(笑)」
寺島あいつらはダメです!(笑)

鳥海「ST☆RISHがみんなで集まって、はるちゃんにおかえりなさい、ただいま!って言うシーンがぐっときました。一年半待たせてしまったみなさんに向けての言葉でもあると思います。あそこのみんな、いい表情してるんですよ!」
寺島「あと今回のEDかわいいよね!」
前野「普通っていうか、今まで踊ってきてたので今回もそう来ると思っていたから逆に攻めてきてるなあって!キャラ同士のカットとかもいいよね。関係性が分かるっていうか」
鳥海カミュと一緒にいるセシルのあんな笑顔見たことない(笑)」
寺島「俺、ヴァンのダンベルのとこ好き」

前野「あの、トリプルスリーの……」
鳥海トリプルエスね、スリーは野球です!
寺島「ホント野球のこと好きだね(笑)」
前野「エボリューションイヴは、カルナイのすべてを出し切ったから…勝利を確信していたんだよね。あの、オラオラ系の人が(笑)強気に攻めてくるんですよ。俺らぜってー負けねえぞ!って」
寺島「オラオラ系って(笑)言えばいいじゃん!もう脚本覆す勢いだね」
代永「レイジングとシャイニング社長がすごいな~って…うちの社長が加わったことによって、もっとすごいことになって…」
寺島「サプラァ~~イズ……(笑)」


代永「冒頭、それぞれ違う歌を歌ってるように聞こえたんですけど、(カルナイ・スタリ・ヘブンズ)最後はみんな一緒に歌って感動しました」
山下「3期から久しぶりだったので、キャラクターたちがより見えてきます!七海を奪って歌う所も個性的な口説き文句だし、キャラクター性がそれぞれ出ているよね。個性をもっていてみんなおもしろい。これからが楽しみです」
?「キャラクターが本当にバラバラで、18個性だなって…。こってりしてるよね!一言だけで、こういうキャラだって分かるというか。これからもっとすごくなっていきます」

?(誰の発言だか覚えていなくてすみません…)
「4期は本当に攻めの姿勢で話が展開していく。どこまで言っていいか分からないけれど、うたプリのテイストだけれども若干毛色が違います。今までのうたプリになかった部分がたくさん見れます。ファンの方は、身構えてほしいです。ライバルが出ることによって、ST☆RISHが今まで出してこなかった部分が見れると思います。HE★VENSはST☆RISHの対等のライバルになります。」

前野「個人では全然仲良くない、カルテットナイトですけど4人揃うと結束力があって。そういうところが好きだなあって思います。でも中のひとたちはやってやろうぜ!って気合いいっぱいです」

▼HE★VENSで気になるキャラは?
代永「えっと…ナギは13歳でまだ少年って感じなんですけど」
前野「本人はババアなのに?(笑)」
代永ババアじゃな~~~~い!!!♡それうたプリ関係ない!(笑)いつからヘブンズやってるのかな~とか気になってます」
寺島「ナギ普通に子どもだよね」
代永「ウルトラスーパーキュート~とか言ってますから(笑)谷山&宮野さんが真似してくるんですよ!『ウルトラスゥパァ~~~♪』って!」
めっちゃ想像つくwwwwwww

代永「ナギは、ST☆RISH側から見て、こんのやろう!って思ったり、ウィ~~~!!!ってなったり、発言がちょっとアレな部分もあると思うんですけど、ナギもST☆RISHと一緒に成長します。でもナギもプロだから、失敗してる部分を見せたくないと思うんですよね。子供だけど、プロなんです

―山下さんはどうですか?
山下「EDでナギと一緒に寝てる…いや、一方的に寄り掛かってるというか。そういうシーンがあると思うんですけど。ヘブンズはクールなイメージが強いけど、朗らかな部分もあって今後の展開に期待だなって。あと関西弁のヴァンさん!強烈なインパクトで好きです」
寺島「七海のこと『はーちゃん』って呼ぶもんね。今まで方言キャラっていなかったから新鮮!」


▼ST☆RISHとHE★VENSのデュエットについて

鳥海「僕は今回先に収録をして、あとで完成したものを聞いたんですけど…なんかすごかったなって!二人の世界観がすごいです。セシルももともと独特の世界観を持っているんですけど、そこに天草さんがミックスされて、今までにないうたプリって感じになっています」
山下「僕はあとから録ったんですけど、セシルかわいい~~!ってなりました…。鳥海さんは、ご本人もキャラクターもクールなイメージが強くて」
鳥海「プロデューサーから、『鳥海さんはかわいいを頑張っていて、山下さんはかっこいいを頑張ってる!』って言われてとても気に入っています。今後使っていきたい!自分が作ったかのように言います(笑)」

▼アフレコは後半戦へ、2話以降の見所を教えてください

寺島「1話1話濃いんですよね…ネタバレになるから言えないんですけど」
鳥海当番回は、あります!今までとは違ったテイストの話で、それぞれのキャラクターの違う面が見れます」この話の流れから→

鳥海「僕は、ゲームもアニメも後から、6人で盛り上げてきた部分を知ってきて入ってるんです。途中参加の難しさは自分がずっと感じていた部分で。それがこの前のライブと4期で本当の意味で一員になれたって感じています」
もうここ大号泣すぎて声漏れそうになりました

寺島「ライブといえば、瑛一役の緑川さんはお花を贈ってくれたんですよ。鳳瑛一名義でわざわざ。それがすごく印象的でした。敵に塩を送るんじゃないですけど、ライバルなのにそういうことするっていうのが…でも今後の話を見て貰えればその意味がわかると思います。ST☆RISHの今まで見えてこなかった部分が見えたのは、HE★VENSのおかげです。HE★VENS、来てくれてありがとう
ここで寺島さんが代永さん山下さんにお礼を言うと、お二人は突然の感謝に「えっえっ」と動揺されて「いえいえ…」と返されていました笑

前野カルナイは4期で試練に立ち向かい、大きな決断をします。カルナイにとってのターニングポイントになる。4人の総意なんですが、録画ではなくリアルタイムでぜひ見てほしいです」
司会「それみなさん仰っていました」
前野「カルナイLINEグループでこれ言おうって決めました(笑)カルナイに、すごいことが起こってしまうんです…」
何が起こるの~~~~!!???

代永「HE★VENSとしても、まだまだ謎に満ちている部分があると思うんですけど、それが少しずつ分かってきます。キャラクターはこういう人だったんだなってこととか…。そういう部分を見てほしいです。HE★VENSが出てきたことによって見える、ST☆RISHを、そこをぜひ見てほしい。なぜデュエットをすることになったのか…など」

山下「キャラクターについては、これからたくさん知ってほしいです!これは、HPに載ってたからセーフだと思うんですけど、シオンはHE★VENSのことをこよなく愛しています。それがキーワードになります。彼がHE★VENSにどういう思いを抱いているのかが分かってくると思いますので楽しみにしていてください。」

▼ここでナンジャタウン等の告知が入り、締めの挨拶に…

山下「4期からとうとうHE★VENSが本格始動します!これから一歩一歩シオンと向き合っていきたい。素敵な作品に携われて嬉しいです。愛情を注いで頑張ります!」

代永「HE★VENSが7人でST☆RISHの前に現れた意味をぜひ見てください。毎週、僕らも画面の前で出来上がったものをはやく見たいです。楽しみにしています!」

前野僕は、うたプリのことが、カルナイのことが本当に大好きで誇りに思っています。何があってもカルナイの決断を応援するし、彼の後ろ姿をずっと追っていく。このコンテンツがずっと続きますように、みなさんの愛で支えてください

鳥海「ここまでうたプリが大きくなったのは、みなさんのおかげです。期待して最後まで見届けてください」

寺島「最初にこの上映会のメンツ聞いた時にすごい穏やかなメンツだ!!って思った!ふわっとしてて楽しー!(笑)本当にみなさんに支えられてここまで来れた作品です。じゃないとここまで来れなかった。僕らが作品を続けさせているわけじゃなくて、皆さんがCDを買ったり、DVDを買ったり、たくさん応援してくれて。そうじゃないとここまで来れなかった。僕達は歌を歌ったり声を当てたりしかできないけれど…今後も感謝を面と向かって伝えられる場があればいいなって思います。これからも愛で寄り添って頂けたらな、と思います」


<レポはここまで。下記は自分の感想です>


……
大号泣なんですけど!!??

もう大泣きですよ大泣き!!!個人的に鳥海さんの想いを聞けたのが……とても印象深くて…。
セシルはゲームでは隠しキャラで、1stLIVEではシークレット扱いだったんですよね。自分は1st参加したんですけど、登場されて本当に驚いた記憶あります…。最初は6人で結成されたST☆RISH、2期を経てセシルが正式な仲間となり…。そういう流れではあるんですが、セシルは個人的にゲームも最初から居ましたし途中参加~ってイメージはそこまで大きくなかったんですよ。でも鳥海さん本人は遠慮とか、そういうのをずっと考えて、感じてきたんだなって思うと…もうこれ書きながら涙止まらないんですけど…ぜひこの話踏まえて1期2期…いや4期まで見てほしいなって思うんです。プリライも。鳥海さん、セシルちゃんをたくさんたくさん愛してくれてありがとう(;;)

あとヘブンズのふたりも…ヘブンスのことももちろんなんですけど、スタリのことというかうたプリのことをたくさん愛してくれてるってすごく感じたんですよ。たくさんたくさんきっと作品のことを考えていてくれていて。それがとっても嬉しかったです。スタリ担の事務所箱の自分ですが、こんなのヘブンズも応援するしかないじゃないですかエンジェ~~~;;;;
ヘブンズによって、今まで見えてこなかったスタリの一面、っていうのをどのキャストさんも強調していたのでそこが本当に楽しみです。ワクワクするぜ~~!

寺島さんのブログ にも書かれていましたが、25日の上映会のメンバーは全員ちょっとずつ立場が違うんですよね。なのでそれぞれの視点の話が聞けてよかったな、って思います。
メモを取っていたので、おそらく合っていると思うんですけど寺島さんの「愛で寄り添って」と前野さんの「愛で支えて」って言葉がグッときました。愛で成り立ってるうたプリすてきだ~~~;;;好きだ~~~;;;

いよいよ4期がスタートしました。今後展開がどうなるかは分かりませんが、中のひとたちがたくさんたくさん愛してくれているうたプリを、ファンとして出来ることをやって支えていきたいな…と感じました。ファンにはファンできることをする!CDを予約して買う!DVDも!!ST☆RISHの新曲は10/5発売ですよろしくお願いします!(宣伝)

5期は…正直難しいと思うんですよね。やってくれたらもちろん嬉しいんですけど。ST☆RISHとしてのCDが買えるのはもしかしたら最後になるのかな、なんて…。いや映画化めっちゃ待ってますけど!!!!
たくさんたくさん応援して、感謝のその声は大きく発信していけたらいいなと思います。は~~~うたプリ大好きだ人生~~~~~

もし最後まで読んでくださった方がいましたらありがとうございました。リアタイできる環境の方は出来る限りリアタイしてください!
1話の内容の感想についてはまた別記事で上げます。おつかれさまでした!